美白の大敵、紫外線対策のスキンケアの方法とは?

紫外線対策・美白スキンケアの効果的な方法

*

紫外線を防止するスキンケア商品とは

      2016/10/04

日差しが強い日に外出する時には紫外線の対策をしっかりしてから出かけるようにしましょう。

肌が小麦色に焼け、皮が向けやすくなることが紫外線の作用だと考えられていましたが、他にも肌にもたらす影響があります。

皮膚の色がくすんだり、そばかすがふえるのは、紫外線が皮膚の奥に到達し、肌の細胞にダメージを与えていたり、メラニン色素を増やしているからです。

紫外線が皮膚に照射される前にシャットアウトできるよう、紫外線の防止策を立てておくようにしたいものです。

紫外線を防止する効果のあるスキンケア商品の代表的なものとしては、日焼け止めがあります。

紫外線

日焼け止めだけでもたくさんの種類があります

最近は、クリーム、ジェル、乳液など、色々なパターンの日焼け止めクリームが存在しています。

最近では、もっと手軽に使えるスプレータイプの日焼け止めも販売されています。

自分が日焼け止めクリームを必要とする状況を想定して、ニーズに合っているものを選ぶといいでしょう。

日焼け止めにはSPFや、PAという表記がありますが、これは、どの程度の紫外線を防止できるかの数字です。

紫外線にはA波とB波という波長の異なる2種類の光があります。

SPFはUVFに対してどこまで有効なのかです。

SPFの数値が大きいほど、日焼けし始めるまでの時間を長く延ばすことができるようになっています。

一方、PAはPA+からPA++++までの4段階に分かれており、+がたくさんある時ほど、紫外線A波が肌に到達できないようにガードしてくれる働きが強くなります。

 

 

 - 美白スキンケア