美白の大敵、紫外線対策のスキンケアの方法とは?

紫外線対策・美白スキンケアの効果的な方法

*

血管年齢を若く保つためのサプリでの改善方法

      2017/03/21

血管年齢は健康のバロメーターとなります。

血管年齢が若ければ若いほど生活習慣病になりにくくなります。

血管年齢を高めてしまう原因としては、栄養バランスが偏った食事、運動不足、睡眠不足、疲労、ストレス、肥満、喫煙などがあります。

これらの原因により糖尿病や高血圧や高脂血症などの結び付いてしまい、高血圧と高脂血症が組み合わさると生活習慣病の代表格である動脈硬化を発症させるリスクを一気に高めてしまいます。

動脈硬化は血管が硬くなったり狭くなったり血管内に血栓ができたりすることで血液の流れが悪くなってしまうというものです。

症状が進行すれば脳梗塞や心筋梗塞などの突然死を招く危険もある重大な病気を発症させる原因にもなってしまいます。

健康診断などで血圧や悪玉コレステロールや中性脂肪の数値が高いと診断されたことがあるという人は多いのではないでしょうか。

私もその一人です。

年齢を重ねるにつれてどんどん数値が高くなってきているので将来への不安を感じるようになり思い切って対策に努めることにしました。

血管年齢を若く保つための対策

具体的な改善方法としては、健康的で規則正しい生活習慣を身につけることとサプリの摂取で対策に努めました。

栄養バランスのとれた食事、適度な運動、水分をこまめに摂取する、良質な睡眠をとる、ストレスや疲労をため込まないなどを心がけました。

サプリは、DHAやEPAが配合されているものを積極的に摂取しました。

DHAやEPAは青魚に豊富に含まれる多価不飽和脂肪酸で、高血圧を予防したり悪玉コレステロールや中性脂肪を下げる効果が期待できる成分です。

サプリなら手軽ですし効率よく血管に作用させることができて無理なく続けることができるのでおすすめです。

これらの改善方法により悪玉コレステロールと中性脂肪の数値が見事に低下し、不安も解消されました。

これからも血管年齢を若く保つために対策に努めていきたいです。

 
あなたの血管年齢は大丈夫ですか?血管年齢の改善方法いろいろが参考になりました。

 

 

 - 美白スキンケア